BLOG「 100% 言葉に出来ないこともある 」


2016.11.18(金)曇り  現在12℃

T.G.I.F.
この街の活気たるや、そこにいる人々の活動がそうさせていることを背景に、
こと週末のおもむきとなっています。

そして、不特定多数の 生活者 は制約に不自由ない
この ウィークエンド に 心躍らせているように思います。

では、その人の心に寄与する 週末 の魅力ってなんだろう。

客観的に、敢えてこのことを 考察 してみると、
我なりにぼんやりと 輪郭 が帯びてきました。

ひとえに、
週末を迎えること、それと同時に、次週に向かうこと。

そう、すなわちこれには 終わりと始まり。
その 両方 が 内包 されています。

理屈じゃない、そんな 解釈 の仕方。
ある種の、生活の術 として一考していました。

でも、これって僕が追いかけてきた 人達 は皆、
当たり前に 活動 の根幹にあったことなんだろうと思いながら尚、

その背中を追っている 自分自身 に気づくのです。

 

G-TEAM  KYO

BLOG「 砂嵐組 一堂に会す 」


2016.11.11(金)曇り/雨  現在10℃

今朝は小雨が舞う中、
砂嵐組が集い、GIPオープンを起に 年中行事 となっている
酉の市 参拝 と 縁起物 を受け取りに一路 浅草 鷲神社 まで足を運びました。

到着したそばから、祭りに似た活気を浴びながら境内への参拝を終え
毎年お世話になっている、縁を起こし 生涯現役 を貫く方のもとへ。

着いて早々、毎年ありがとうございますと
気立ての良いご挨拶でお出迎えしてくれた女将さん。
そうして然るに掛け合いも程々に、祈念を込めた3本締め。

清々しくも、場を後にする際の一抹の寂しさは、年末のそれとどこか似ていて
名残惜しい場面だったりするわけです。

前述の思いが残る場面がまた、来年へと繋がるのだろうとして帰路につきました。

そう、帰りしなPRと 年に一度せっかくの機会だからと
並んだ出店にフラっと立ち寄って暖をとり、
町の情緒に触れ、どこか満喫しながら習わしの余韻を楽しんだもの。

ありがたくも 境界なく そうした行いが身に染みているのは、
いつか どこかで そうした背中を、BOSS が見せてくれていたからでしょう。

いわば、そんなスピンオフまでが 年中行事 なのかもしれませんね。

 

G-TEAM  KYO

 

P.S.
MA-1, DESIGN CREW NECK 02 をはじめとした各種アイテムが新着しています。

BLOG「 1999 – 2000 」


2016.11.5(土)晴れ  現在16℃

己を知り、これからどこに向かっていくのか。
これは、潜在的ながら常に意識していること。

つまりは、自分がどのような考えを持って
今ここにいるのかという、道に帰結します。

いつかどこかで、先人に掛けられた言葉。

かい摘んで言うと、
お前っていう像「パブリックイメージ」が、既に世間ある中で
どうみられ、どうこたえ、どうこわし、どうやっていくか。

でも、本当の自分で居られる場所は、持っとかないといけないぜって。

それは本人の歩みを重ね、葛藤を経た実体験から言ってくれたことだと、
すぐに気づきました。

だから僕は、その人の前で嘘はつけない。
自分でいることの態度を、呼び起こしてくれる存在。

そして、この TEAM の仲間も同様に
自身に課せられた、“自分”の人生を生きること を示してくれます。

みなさんはどうでしょう?

 

G-TEAM  KYO