BLOG「 歩く花ってなんだろな 」

2016.5.28(土)曇り  現在21℃

職業柄こうだからさ、なんてどこにでもある世間話。
そんな話の種が、今日もどこぞの世に巻かれています。

先日ふと思ったのですが、ともすればそれは、
みずからを規定してしまっている 所作 なのかもしれません。

無意識の内に、身を固め 守りに入ってしまうことは
生活の術として、ある種 防衛本能 というものが、そうさせるゆえかと思いますが
理想とする姿にみる、自信や誇りとは、少し離れた位置にいる気がするのです。
現実逃避感とでもいうのか。

では、既述に記した前置きに 職業 を語ること。

僕にとって胸を張って言える反面、とても 覚悟 のいること。
なぜなら、But, I never lost my pride.
規定された立場に頼らず、これと向き合いフェアでいるため。

それは、自分がどこからやって来て、どのようにして 今 があるのか。
先人達に教わったその気持ちを、いつだって忘れたくないから。

そして、これからどこに向かうのか。

願わくば、自分事に限らず
表題の花が咲くような 種を蒔いていたいものです。

 

G-TEAM  KYO

 

BLOG「 黒旗から潜伏地まで 」


2016.5.21(土)晴れ  現在25℃

この週末は、好天の装いとなる行楽日和。
各々に目的を持って、外へお出かけのことでしょう。

さて、ヘッダーの写真は歴代のWTAPSカタログ。
現シーズンを含め、18冊の並びとなります。

我らが潜伏地 GIP-STORE では、
EX23 WAY OF LIFE  -  EX32. の10冊。

ここの前身となる Blackflag青山 では、
EX15 TWO TONE  -  EX22 BETTER THAN YESTERDAY.  の8冊。

それは、これまでの 足跡 といえるモノ。

こうして、ときおり客観的に振り返ることは、
時代がまわる、そのいつかの 回帰 に気づく術として
働の道において、自身が意識していること。

それともう一つ、“ 中途半端 ” という感慨。

世間的には好感が伴わない、嫌悪のレッテルが貼られた言葉かもしれませんが、
でも、そのレッテルも捨てたもんじゃありません。

この言葉 実は奥が深く、逆説的にとらえると
自分の至らなさ、ダメさ加減をあらわにする、大事だったりします。

少数派で、自分の立場が弱かろうと、肯定する姿勢を忘れない。
孤立無援のマイナーズって限りでもありませんよ、きっと。

 

G-TEAM  KYO

BLOG「 ギャップの妙 」

2016.5.13(金)晴天  現在25℃

青空が広がった本日、視界良好そのもので
この天候にあやかりながら、今日という日の縁起を担いでいます。

一方で、いみじくも 13日の金曜日 ということを尻目にして
自身、前後の ギャップ を楽しんでいる感も否めません。

これは、話の対象を 人 と置き換えても尚、
関わりを持つ中で垣間見えたり、関係性が深くなることで
はからずとも引き出せたり、はたまた千載一遇の場合もあったり。

既成の何かに括られない、面白さがそこにあるように。

例えば、過去に捉われすぎると、
常識や先入観が、己を向いて偏向がかってくるように
当たり前そのものとして、この世に存在を余儀なくされることも。

では、話の対象を WTAPS と置き換えると、
幾多のコレクションにおける、アイテム提案の振り幅は
既成のフォーマットに捉われぬ、普遍性を有しています。

おそらくは、
そこが ギャップ を生んでいることのゆえんだと客観視しながら
本質を知るヒントのそれと同様に、
カテゴライズされぬ或り方に対する、独立した価値観を考えるのです。

 

G-TEAM  KYO