BLOG「 先入観をたまに外してみる 」

2016.1.30(土)曇り 現在 4℃

こんにちは。

昨晩から続く雨は、この季の容赦ない寒さを助長しています。

一方で、GIP壁面の苔に雨がしたたり、滲む様子に目を向けると
そこには、確かな 活力 が宿っています。
その様を見ると、この天候も 憂鬱 の限りではない事を思い起こすのです。

さて、年始もひと段落した頃合い、人が集う機会に恵まれています。
加えて言うならば、この季がそうさせてくれているのでしょう。

馴染みの顔ぶれのそれは勿論、久しい再会もあったりと
時間と場面を共にし、人と顔合わせる 大事 を自分なりに楽しんでいます。
そこに、別段 固い理由なんてありません。

なぜなら、
目先の価値観に捉われず、何かに支配されず
ひと握りの自由を持って、制約と上手く付き合い
分け隔てなく、学び・遊び・働く。

これこそは、いつだって 僕らが根ざす 道標 だから。

そして冒頭に続き、暖かさに身を寄せ、無い物ねだりしがちですが
つまるところ、果報は寝て待て という事でしょう。

立春は間近です。

 

G-TEAM  KYO

 

 

P.S.
バーベキュー
5月のビール
ひまわり
かき氷
波の音
夕日
紅葉
花火

身寄りのものに、少しばかり 季語 を添える。
それだけで、心持ち生活が豊かになる感覚。
嬉しいものです。

BLOG「 Flagship 」

2016.1.21(木)晴れ 現在 8℃

こんにちは。

この時期の冷え込みは、朝出社してドアを開けた時
底冷えした店内との挨拶で、さらに実感に至ります。

昨今では、定住者のように居座り、一様に占有している様は
さながら、厄介な ならず者 といった感じさえ受けるもの。

たとえ陽が昇っていようとも、中々、居場所から動いてはくれません。
立春までもうしばらく、この 居住者 とも気長な付き合いが必要です。


無論、冒頭の成り行きは、普段の生活における 衣料品 を着る所作とも密接。

アンダーウェアに気を配ったり、カットソーを厚手にしたり。
ニットウェアのインナーに、ボタンダウンシャツをレイヤリング。
アウターは防寒性を要に置き、万全を期してウールシャツをセットアップ。
ビーニーを被って、マフラーを巻き、グローブを着けたり。
ひいては、厚手のソックス忍ばせて、足元だってムートンブーツ。

ざっとここに挙げただけでも、汎用性 に長けた衣をもって
多様な様式の生活用品として、寒さと付き合う術があります。

冷え込み厳しい大寒。
この冬を越す、冬服の買い足しを検討されている方はお気軽にご用命ください。

そして、時に GIP-STORE が 船舶 に例えられるゆえん、
これらの船具も、航海の道中 やはり 生活必需品 ということなのでしょう。

 
G-TEAM  KYO

 

BLOG「 初春便り 」

2016.1.15(金)晴れ 現在 10℃

こんにちは。

毎年、この時期になると思い起こすことがあります。

そして、これを綴るとき。
無条件に陽に背中を押されることに、今も彼の存在を感じるのです。
それははからずとも、まるで朗らかな春の日ように。

不思議ですが、そうして理屈で説けないことがあってもいいんだと
勝手に思っている自分がいます。

いつもと違う、“ LUCKY STRIKE ” 片手に在りし日を思い
心でみた再会に、ゆっくり心でかたる。
そんな一日。

1月のSPOTアイテムデリバリーも一段落した昨今。

店内にて時間を有し、
ゆとりを構えながら、各種商品をご覧いただけている場面が多いように存じます。

自分達の役割の一つ。
普遍的なスタンダードを見据えた、シーズン性に偏らぬ提案。
アーカイブコレクションはこれに欠かせぬピース。
そのため、通年いくつかの商品構成の基、GIP店頭に息衝かせています。

既述に関しては、未見の方も多い事と存じますので
時を経ても尚、今に生きる表情をご覧いただければ幸いです。

 

G-TEAM  KYO

 

 

P.S.
余地からの始まり。
そこから先のストーリー。
その可能性を引き出すとて、なきにしもあらずです。