Front Line「 Re:minder 」

2015.2.28(土)晴れ 現在 7℃

こんにちは。Weekend Front Line.

冬期の気候も、徐々に和らぎを感じられる昨今。
ですが、ときおり吹きすさぶ風の冷たさたるや尚健在。
寒さとの対峙から解き放たれ、安堵するまでもう一息といった所でしょう。

渋谷神南。

GIP-STORE前より。

 

先日、ある先人と久しぶりに酒を交わした折、彼の方がこう言いました。
LIFE TIME, ONE TIME.

その人となりと、生業を自分が知る限り
発した言葉の裏に或る、言わんとしたい事は受け取った気概でいます。

別段、答え探しもしないし、正解などにとらわれない自身なりの、己の解釈で。

ただ、もし何故と問われたなら言える事はあるさ。

今から10年前に見た、タイガーヘッド2頭の衝撃。
それは、未だに自分の中で色褪せる事なく、むしろ、より鮮明に残ってる。

そう、思考が備えた都合良い特権をフルに使って 笑
頭の中で記憶を呼び起こし、烈火の如く鮮烈なイメージを
時が経とうとも、頭の中で今に生かし続けて。

ただ、後にも先にも、あの一度だけ。

あれから、3650日経とうが、一目たりとも会えずそいつは行方不明になりました。

蓋し、それは先人のポテンシャルだからゆえの巡り合わせ。
その事実ありきがきっかけで、出会えた事もわかっているけど
IF “IN” LIFE.  あいにく諦めがわるいもんで
何年後だっていい、もし次に会った時は、俺が必ずその頭いただくぜ。

宮崎さん
ヨ・ロ・シ・ク

 

G-TEAM  KYO

 

 

Front Line 「Touch」

 

2015.2.27 (金)

暖かい日は気持ちが清々しく、
散歩日和というところでしょうか。
内に篭っていては勿体無いという感覚が働きます。

寒い寒いと思っていたら、いつ間に花粉の季節に入り、
気がつけば桜が咲くシーズンへとあっという間に突入します。

一年は本当に早い。

 

 

周囲を見渡してみると、
幼い頃から何気なく目についていた物がたくさんあり、
その正式名称までは知らないことが多くあることに気がつきます。

例えば、ホテルや商業施設内のトイレでたまに見かけるもので、
先端が三角に折られたトイレットペーパー。
日本では、清掃が完了したことを他の清掃員に伝える為の目印として折られています。

こちらにも”ファイヤーホールド”という名称があり、
知っている人はおそらく少ないかと思います。

アメリカの消防士が緊急出動命令が出た時に迅速な対応が出来るよう、
掴みやすい形状にし時短効果を目的としたものだそうです。

毎日目にしてはいるけど名前が付けられていることまでは知らず、
その存在の意味までを知る機会が少ない現状。

意味を知ることで納得のいくものが多く潜んでいることを知ると、
その知識に触れたくなる好奇心を掻き立たされます。

 

G-TEAM   YUM

 

Front Line 「季の語らい」

2015.2.26 (木)

暖かな日が続けば、寒い日も続き、
この間隔が徐々に狭まり、春へと導いていくのでしょう。
気づけば今月も終わりを告げようとしております。

この季節、既に花粉の飛散も始まっているようです。
暖かさと共に花粉症の方には辛い季節になって参ります。

 

渋谷神南。
GIP-STORE前より。

 

四季折々の暮らしの中で、その都度生活に見合った装いがあり、
また四季の恩恵を受けることで、食や衣服の楽しみだけでなく
旅先で出会うような、各地域に特色ある景観をもたらし、
視覚的な楽しみをも四季はもたらしてくれます。

寒さを体感し、冬眠から目覚めた動物のように
行動範囲も広がることで
次節は春を迎え、また新たな楽しみが次々と
増えていくことでしょう。

季に衒う可能性を体感するには、準備を怠らずに
着々と用意周到に実行していくだけです。

しかしながら、人間万事塞翁が馬の如く、
この季の可能性を内に秘め、油断は禁物とも
心づけしておくことが、より良い生活に向け必要ともするのでしょう。

 

G-TEAM TAT