Front Line 「世代を超えて」

 

2112.9.30  (日)  晴れ後暴風雨

 

本日9月の最終日。
天候は嵐の前の静けさと言ったようなこれから起こる何かを予感させます。
渋谷、神南。

 

先日息子からスニーカーと洋服が欲しいと懇願されました。
WTAPSのTシャツやFPARのTシャツ等を買い与え、普段は満足気に着回しているのですが、ついに中学2年にもなると、自分の好みが出てきたようです。

「THRASHER」のパーカーとスニーカーが欲しいんだけど!スケートボードをする時に着たいんだよね。ついに来ました中学生と言った所です。
自分の学生時代を思い出しながら「よし、分かった、買ってやる」の一言で済ませ、色々と考えてみました。

いわゆるオールドスクールと呼ばれているものの価値はいつまで続くのか。
もちろんそれとともに生きてきた世代は色褪せることなく永遠でしょう。
しかし、これだけ世代を超えてもカッコいいと言わせるものには圧倒です。

新しいものが次から次へと生まれてくる昨今。
そんな中生き残るのは、誰のまねっこでもないオリジナリティーな気がします。

時代を超えても語り継がれる。
何世代にも渡って愛し続けられるということはとてつもなく素晴らしいことのように思います。

先日ディレクターBLOGでも取り上げられていた
「BONES BRIGADE-an autobiography」

楽しみです。

 

 

G-TEAM  TAK

 

 

Front Line「四十八茶百鼠」


2012.09.29(土)晴れ
終日雨の心配なさそうとのことです。
渋谷神南の空からは秋の黄色の陽射しがGIPに注がれています。
本日のGIP-FRONT LINE

WTAPSの定番カラーといえばOLIEVEが経年変化でくすんだ色目である
OD (OLIEVE DRAVE)が浮かびます。

今日は、裏定番的な存在といえるNAVYについて少し。

一言NAVY(紺)といっても、藍、茶、鼠を軸に系統色の幅が極めて広く、百以上の色名があります。生活の中でその微妙な色彩の違いを見極め、楽しむことは遥か昔から続いています。

 

制約の中でどれだけ楽しめるか

四季のある極東の島国という制約環境で興ったそんな価値観は
資源の枯渇を目前にした時代の財産となるでしょう。

 

G-TEAM NKZ

 

John Doe Archive /File No.22 : Moon and Star Dude

 

 

 

 

 

Front Line 「全」

 

2012.9.28 (金)

霧雨舞う空。

冷たい雨風に一層、季節に深みが齎されることと感じます。

渋谷神南。

GIP-STORE前。

 

本日の朝、日課の掃除を行っていると

いつも使っている雑巾がついに大きく破れてしまいました。

GIP-STORE OPENから使用を続け一年が経過し、

ついに寿命と相成った訳です。

 

一年分の汚れが染み付き役目を全うしたそれを見ると

日々の積み重ねの威力を思い知ると共に

何の変哲もないただの布切れではありますが

日常ではなかなか目にする事のない

モノの最期に温かい情を感じた朝でした。

G-TEAM DAI