Front Line「永く生きとし」

 

2012.6.30(土)晴れ

 

湿度に押され熱気を込み上げた大気が
呼吸を急かします
6月最終日 週末の頃
辺り 特有の街並となっている

渋谷神南。

GIP-STORE前より。

 

いよいよ、この上半期を境に今月度も”衣替え”の時節
早いもので、と
云ってるうちにも、止めどなく季節は廻ってゆきます

梅雨が明ければ
夏季が本格的に到来し、活気に満ちた様相を自ずと呈し
姿 その形になってくる事
自然の事象を当たり前と傍観せず 向き合いながら
このホームタウンに
“GUERRILLA THE INCUBATION PERIOD.”
永く息衝いてゆけたらと思う所です

 

P.S.
友人でもある
“Boned”な店主が、待ち侘びたミシンも揃い
お直しを始めたとの事なので
早速、
十年来 永く付き合っている、相棒のリペア依頼に行こうと思います

もはやボロボロのDENIMですが、ガキの頃から向き合ってきた ある意味生き証人
生ける所まで、自分の手元で可愛がってやろう その末永く.

 

G-TEAM  KYO

 
“Dragonfly wings rest stops to moss”……

 

Front Line 「親子」

 

2012.6.29(金)

朝のどんよりとした天候から一変。

強い陽射しが注ぎ、街路樹の緑は深みを増しています。

渋谷神南。

GIP-STORE前。

 

一週間程前からお店の入り口のファサードに

やたらと鳥の糞が落ちていると思ってはいたのですが、、、

三日前の朝、鳴き声が聞こえ入り口付近の壁面上部へ目を向けると

一羽の雀の雛が巣から身を乗り出し小さな体で精一杯、側を離れた母親を探し

声を振り絞っていました。

母鳥が側へ戻ると泣き止み、嘴に咥えた採ってきたえさを啄む雛。

 

微笑ましい光景を目の当たりにしたその日から

その場所を気にして見ているのですが

どうやら本日、もう雛は巣立ちをした様子。

 

鳴き声が聞こえ少し賑やかであった期間の短さに寂しい気もしますが

東京のど真ん中で間近に見た稀な親子の光景に驚き、心嬉しさを感じます。

G-TEAM DAI

Front Line「27㍉」

2012.6.28(木)曇り

今日はBEASTIE BOYSについて少し

先日、WTAPSアトリエでディレクター含めクルー4人でお昼の雑談から、過去ディレクター達が影響を受けたピースの1つであるBEASTIE BOYSに関しての話を聞くことが出来ました。

名前こそ頭に入っていたものの、ユニオンでCDを買うのは後回しとなり、現在まできちんとと接したことはありませんでした。

5月にこの世を去ったメンバーのMCAはNathaniel Hornblowerという名で映像ディレクターとしての活動をしていたことを知り、やってること、スタイルが常に新しくてDIYでカッコいいと素直に感じられたのは、自分でも嬉しかったです。

無意識な食わず嫌いを死ぬまでに1つでも多く減らしてきたいものです。

G-TEAM NKZ